交通事故の後遺症

後遺症の中には様々なものがありますが、その中でもよく耳にするのがむちうちです。

交通事故やスポーツ、日常のふとした時に体に違和感が起こることがあります。
違和感はあるけれども日常生活に大きな支障がないからといって、そのまま生活をしていると突如痛みが大きくなることがあります。
その時に整形外科で診察を受けても、検査結果で異常がないと診断された場合、むちうちが疑われます。
むちうちは、交通事故でも特に追突事故の時に多く起こる症状です。
ムチを振った時のようなS字に首が動くことで痛めて起こるものです。
交通事故の衝撃によって、車に乗っている人は頭と胴体とが逆の方向に動きます。
それによって頭と胴体とをつないでいる首を痛めるのです。

多くの人が事故にあった当日には症状を感じません。
その後、少しずつ首や背中、肩の痛みやコリが出てきたり耳鳴りがしたり、頭痛やめまい、吐き気、ひどい場合には手足がしびれたり震えたりするようになります。
このような症状が出た場合にはむちうちが疑われます。
むちうちになった場合、しばらくのうちは耐えられる痛みであったり、少しの違和感だけで生活できることが多くあります。
病院に行ってもレントゲンやMRIに映るものでもないため、放置してしまうことが多いです。
しかし、放置することで症状が悪化したり、改善せず一生治らなくなってしまうことがあります。
後遺症は適切な対応をすれば症状を緩和することもできますし、治すこともできます。
そこで、ここでは後遺症への対処法について紹介をしていきます。



<Special Link>
交通事故による後遺症の後遺障害認定の相談を受けている法律事務所のサイトです … 後遺障害 交通事故